0

旅行も金券ショップで少しでもお得に!

金券ショップって、サラリーマンや中年男性ばかりを利用しているイメージを持たれていませんか? でも、実際には女性の方も多く利用しています。

最近では旅行をする時には、目的地を最初に決めるのではなく、金券ショップを訪れそこで旅行券や株主優待券などでお得なものを発見し、そこで目的地を決めるという従来とは反対のやり方で旅行を楽しむパターンも増えています。

飛行機、新幹線のチケット

金券ショップを利用した事がない人が、最も気になるのは実際にはどれぐらいお得かという事ですよね。まず、飛行機や新幹線のチケットって、普通に窓口で購入すると定価販売が常識です。

しかし、発想の転換として、金券ショップを利用するだけで、数%は安く購入する事が可能です。たった数%と侮るなかれ、例えば一人1万円の新幹線チケットとして、それを家族4人分の往復とするなら、千円~2千円は安くなりますよね。これを年に数回でも利用するなら、ちょっとしたお小遣いなるほどの金額となります。

これらの交通系のチケットは、都会程に価格高めの設定となっているので、地方に行った際にそこの金券ショップで購入するとさらにお得となります。

出発当日にも対応。急な出張や帰省にもピッ タリ!株主優待航空券は日時変更も可能で使い勝手抜群。

引用出典 大黒屋トラベル

株主優待券や青春18きっぷ

金券ショップの常連やベテランほど、実は株主優待券や青春18きっぷを狙っています。これらは、飛行機や新幹線チケット以上にお得に購入する事が可能だからです。青春18きっぷは、普通に駅窓口で購入してもお得な中身ですよね。しかし、弱点として5枚(回)セットになっているので、一人や数人で利用する場合は余ってしまうのです。だから、金券ショップに売ってしまう事が多くなり、常連はそれが分かっているので賢く手に入れられるのです。

株主優待券も同じようなもので、ANAやJALやJRなどの優待券を余らせた人が、少しでもお金になればと売却する人が多いので、これもかなりお得に購入できます。金券ショップや状況にもよりますが、航空会社の飛行機チケットなら30~40%程度の節約も十分可能となります。

青春18きっぷ(せいしゅんじゅうはちきっぷ)は、旅客鉄道会社全線(JR線)の普通列車、快速列車が1日乗り放題となる[1]、販売および使用期間限定の特別企画乗車券(トクトクきっぷ)である。本項では青春18きっぷの前身である青春18のびのびきっぷについても述べる。引用出典 wiki 青春18きっぷ

さらに・・・

青春18切符は金券ショップでバラ売りしています。これは、誰かが使った残り分ということが殆どなので、販売開始されても利用期間開始直後まで売られていない可能性が高いです。

青春18切符は5枚と言っても、5枚別々に売られているわけではなく、実際は1枚の切符に利用した日のスタンプが押されていくだけです。引用出典 青春18きっぷ金券ショップバラ売り1回分の相場と残り売る期限

使用期限のあるものはギリギリだと安くなる?

さらに金券ショップを賢く、誰よりもお得に利用したいなら、それは使用期限間近のチケットだけを狙って購入しましょう。これは、スーパーなどで閉店間際の惣菜が安くなるのと理屈は同じです。

具体的には、旅行で使える交通系チケットには、有効期限が設定されています。ですから、そのタイムリミットが迫れば迫るほど、商品としての価値は値下がりするので、お客としては割引率が高いコスパ良い商品になります。これもチケットによって違いがありますが、一般的には残り期限が2か月を切ると、飛行機や新幹線などの交通チケットも安くなります。具体的には通常時の価格よりも3割~4割ほど割り引いて売りさばく店もあるので、これらをターゲットにして探してみるのも良いでしょう。

まとめ

金券ショップを未知なる場所として、敬遠していた方もいるかもしれませんが、それでは本当に勿体ないです。特に旅行が好きで、頻繁に飛行機や新幹線などを利用する人ほど、金券ショップを利用してはどうでしょうか?

おススメなのは、最後に紹介した使用期限間近の交通系チケットを狙う方法で、これは各金券ショップによっても特色や割引率が変わってくることもあります。逆に言うと、狙っているお客も多いので、期限間近でさらに安くなるのを待っていると、他のお客さんに買われてしまう事もあります。その駆け引きや意外な発見も金券ショップならではです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です